秋山智江の堀田

引っ越しを控えて新居へ運ぶ荷物の選択をしていくと、着々と粗大ゴミが増えてきてしまいます。転居に伴う粗大ゴミは多くの場合、ゴミ収集日に普通に捨てることはできません。実は、自治体に処分方法を聞いて決まり通りに処分しましょう。粗大ゴミが、引っ越し日近くになってもまだ家に残っている、という事態はできれば避けたいですから、少量ずつまとめてなど、工夫しつつ処分を進めましょう。アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、立会いとよばれる、お部屋チェックがあるのです。大家さんや管理人さんの立場の人が部屋に入ってきて、室内の状態をくまなくチェックする訳です。立会いを終了させてやっと退去です。ケースごとに多少違ってきますが、払うべき公共料金の支払いはきちんと済ませておかないといけませんし、スペアを含めて鍵は全部返却することになっています。返却漏れのないようにしましょう。冷蔵庫みたいな大型家電を、引っ越し作業の人が運搬するのを見ている時には、つい、落としてしまったりしないか、などと注目してしまいます。落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などという展開は最も避けたいので、作業スタッフの面々が、荷物を丁寧に運んでくれる会社を信用しています。転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、引っ越し作業は業者と一緒に行なうようにしていますが、それもあってか、目の前で荷物を荒く扱われた、という経験はないです。でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、頑張って自分で運ぶより丸々業者に作業してもらう方が、最終的には得かもしれないと思っています。引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、当日、あるいは前日のキャンセルによって、多くの場合、キャンセル料を請求されるでしょう。引っ越し業者は見積もりを作る時点で、キャンセル料金について、その発生条件などを客に説明をする義務があります。ですがこれを、書面だけで説明されてしまうとキャンセル料についての記載に気付けないこともあります。ですから、予約を入れる前にキャンセル料に関しても質問しておく方が良いかもしれません。引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと思う方もいるかもしれませんが、やはりお互いが気持ちよく生活するためにも必要なものです。贈答品にも気を遣ったほうが良いのですが、のしの選び方が難しい問題ですよね。あまり堅苦しいものも良くありませんので、のしのタイプは外のしにして、表書きに「御挨拶」、のし下に「自分の苗字」を記名するように指定すれば引っ越し挨拶の贈答品として十分だと思います。引っ越しの時に様々な荷物を箱などに詰めていく梱包作業は、自分で行なうことにしている人が殆どのようです。しかし、いくつかのの引っ越し会社では、荷物の梱包を業務の一つとして、メニューに入っています。そういったシステムなら自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。業者の方が作業には慣れていて、時間もかかりませんし、もし何か問題が起こった時には実際の作業をした業者が、その責任をとって弁償するケースもあるためです。新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、おおざっぱで構いませんので、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。新居に運ぶ荷物の梱包などを、あまりにも早々にスタートさせると今の生活に支障が出てくる可能性がありますし、のんびりしすぎると間に合わなくなって忙しい思いをするでしょう。こういった際は、今の生活で必須ではない、季節の衣類や本などからまとめていくようにするときっと間違いはないでしょう。特に、引っ越しに慣れていないような人にとっては、費用がどれくらいかかるかというのはわからないでいると、少々心配になってしまうかもしれません。しかし、今日日、それくらいのことはインターネットを利用するとすみやかに調べ出すことが可能です。また、複数業者から簡単な見積もりを知らせてもらえるサービスなどもあり、まったくどこの業者を選べばいいのか目星をつけることもできない、という場合はそういった簡易見積もりをとれるサイトを覗いてみて、一括見積もりを申し込んでみると良いでしょう。我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。少し前のことですが、転勤による引っ越しをしています。引っ越してきた日、荷物が届けられましたが、濡れているダンボールを発見し引っ越し業者に連絡を入れてみました。原因は、洗濯機でした。ホースの中の水が車に揺られているうちに、染みでてきて、そのままずっとトラックで運んできてしまいました。他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと今度からはぜひ気を付けたいです。引っ越しにつきものの悩みと言ったら、やはりどの業者を選ぶのかですよね。初めての引っ越しとあれば、ますます不安になるでしょう。初めて引っ越しした時、私は引っ越しのサカイにお願いしました。なぜかというと、他の引っ越し業者よりも安く済んだからです。対応してくれた従業員さんが優しく対応してくれたことを強く覚えています。その後の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイにお願いしています。経験から言っても、安心感が違うと思います。今後もまた引っ越しの機会があっても、ずっとサカイさんにお願いするつもりです。今の住まいをどうやって決めたかというと、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。そこのお店で、私を担当してくれた方が本当に親切で、対応が丁寧だったので、すっかり信用しまして、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。近所に何軒かある他の不動産屋さんへも訪れてみるつもりだったのですが、別のお店の物件情報も、こちらで紹介可能と担当の方が仰るので、不動産屋さんをいろいろ回らずに済んで助かりました。時期や積み荷の量、あるいはどこまで運ぶのかの差異によっておおよその引っ越しの相場が決まっているのです。出来るだけ出費を抑えて引っ越しをしたい方は、実際に行動するより先に、必要になるお金の大体の目安を付けるために一般的な引っ越しの相場を知っておく必要があるのです。その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、一般的な相場より安くてサービスもセットになっている業者を選ぶのがおススメだと言えます。手際よく準備を進めていく行動色も、引っ越しには欠かせませんが、常に頭に置いておきたいのは引っ越し費用の節約です。引っ越しの準備には何かと物入りになって、予算をあっという間にオーバーしてしまうこともあります。いかに安い業者に頼むのかが大切ですので、複数の引っ越し業者に一括で見積もりをお願いできるサイトを利用して、一番安価でサービスの良い業者を見付けるのが良いと思います。うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。そして、毎度ながら迷うのですが、いつどこで心付けを渡すべきなのでしょうか。お仕事代は全く別にきちんと支払いますが、大変なお仕事を終わらせてくれた、そんな皆さんに、自腹でお礼の気持ちを伝えたくなります。いつも飲み物をペットボトルで一本ずつと、加えて現金で千円程度をお配りしているのですが、心付けの相場というのは一体どれくらいだろうと、考えこんでしまうことがあります。国民年金の人が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きを行なう必要があります。引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場ですみやかに手続きを行います。手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。本人が行けないということであれば、委任状を作成することで代理人による手続きが可能となります。引っ越し代を安く済ませたい方にとって、頼りになる業者が赤帽でしょう。中でもコンパクトな引っ越しにおいては実績があります。料金が時間制なので、ドライバーの運搬を手伝えば作業の時間を短くすることが可能です。赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、意外とたくさん積められますから、安心して引っ越しが出来ます。なんらかのサービスをしてもらった時にすっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、引っ越しの時に限っては、業者に料金以外のお金を包むという人はかなり大勢います。素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に感謝をこめていくらか手渡したり、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。当然ながら、こうした差し入れなどは、渡す必要はないのですが、作業をする方からすると、もらえるのは素直に嬉しいし、正直助かる、ということです。引っ越し作業に最も影響を及ぼすのがお天気です。どういうことかというと、降雨が激しくなると荷物の防水も徹底しなければいけなくなる等、作業が増えてしまいます。業者に荷造りを全部任せているのなら、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、雨で渋滞などが起こりやすくなり引っ越し先にトラックの到着が遅れることはよくあります。スタッフの手を借りずに、自分で荷物を梱包をするなら、ビニールで覆うなど、雨天時の対策はかなり大事です。季節によってはゲリラ豪雨などもありますし備えておくと良いでしょう。どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。初の引っ越しであれば尚更のことでしょう。この苦労を減らすためには、まずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば理想的ではありますが、手続きなどの雑務が多いために、家の中の作業が予定通り進まないことが多くあるのです。立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、ある程度の計画のズレであっても、問題なく引っ越しの準備に取り掛かることが出来ますよね。春や秋は、一年のうちで一番引っ越しが行われるシーズンです。この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが要因でしょう。多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと耳にしますが、詳細を聞いてみると、各種の手続きが煩雑であるということが大きな理由のようですね。例えば、電気や水道、市役所など、元の住まいからこれからの住まいの両方の地域で必要な手続きが多いので、きちんとした計画を練って、手続きを終わらせなければいけません。大きな荷物を運ぶのは、引っ越し作業の中でも特に大変ですが、大型家具、家電などにはなるべくダメージを与えないようにしましょう。せっかくの新居ということで購入したおしゃれな家具などは、毛布を巻いたり、市販の緩衝材なども使用して用心深く運ぶようにしたいものです。新品のきれいな家具を新居に並べられる、と思うと嬉しくなりますが、運ぶ間に傷だらけになってしまったら、少し気分が落ち込んでしまうかもしれません。少し調べてみるとわかるのですが、引っ越しにかかるお金というのは最初の想定が甘かったり、目論見が外れたりなどして、実は高額になりがちです。できるだけ費用を抑えたいなら、業者選びも少し慎重になった方が良いかもしれません。業者の料金を見ると、同じだけの荷物を積んで、同じ距離運んだとしても各業者ごとに金額の違いが出てきます。無駄な費用をかけたくない、という人にご紹介したいのが、引越料金の一括見積もりができるサービスサイトです。サイトを訪問して必要事項を打ち込み、申し込みをするだけで数社からの見積もりを比べて検討ができるので、わかりやすいです。引っ越しの際、エアコンの取り外しや設置について、何も決定していないという問題を抱えている人は、意外と大勢いるようです。エアコンという家電は意外と扱いが難しいものです。取り外しや取り付けも、知識がないと失敗するおそれがありますし、だったら、電気屋さんにがベストなのか、それとも、引っ越し会社のスタッフに、取り外してくれるよう依頼するか、また、転居先での取り付けはどうするのか等々、不明点が多いので、延々考えあぐねることになります。エアコンに関しては、専門家に任せるのが一番確実ですから、エアコンサポートセンターなどに疑問点を尋ねてみるのがおすすめです。今日においても、引っ越しの挨拶は必要不可欠なようです。転居元や転居先の隣人へ忘れずに挨拶するのが今後の生活を気持ちよく過ごすためにも良いと思います。実際問題、挨拶を欠かしたために隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣人になる相手には、可能な限り挨拶をしておいた方が良いと言えます。距離が近い引っ越しの場合でしたら家族や親せきなど、自分たちだけで引っ越しをすることも難しくはありません。方法を説明しますと、とにかくまず、自家用車を使って運べるだけの荷物を日数をかけて運んでいくようにします。少量ずつ時間をかけて運んでいくことで積載量の少ない自家用車であっても、たくさんの量を運べます。大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、効率よく運び込んでしまいます。なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出を大幅にコストカットできるはずです。この頃ではもう、知る人も少なくなってきたようなのですが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といった習慣がかつてはあったのです。どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけてどうか細く長くお付き合いできますようにと縁起をかついだのと、ソバに越してきましたので、よろしくというダジャレもこめて引っ越してきてご近所となった人々に、振る舞ったり、配ったりしたものだと言われています。引っ越しにかかる費用ですが、意外と大きな額になるのがエアコン関連です。素人にはエアコンの取り扱いは難しく、設置などには通常、専門家を呼びます。ですから、工事費の例としては、取り付け一台で一万円くらいはかかるのが普通です。ただ、引っ越しと同時にエアコンの取り付けまでしてくれる契約をしているのであればそんなに高額になることはなさそうです。しかし、業者は単にエアコンを運ぶだけ、という場合は、どこか他の専門業者に取り付けの工事を依頼するか、新しいエアコンを買って設置してもらい、古い製品の引き取りもしてもらうように相談するなどどちらが安く済むか、また手間がかからないか、十分検討するべきです。アパートなど、賃貸の部屋から引っ越すのであれば、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。別段掃除をする義務はありませんし、掃除をして何かメリットがあるなどとは到底、言えないのですが、管理人の印象は格段に良くなりますから、この後の敷金の返還時に良い影響があるかもしれません。お掃除をしておくにあたって、もしも落ちないシミや汚れがあるとか自分で修理するのが不可能なレベルの傷や破損は、諦めた方が良さそうです。あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。住居を変えると、その度にどうしても不用品が出てきますが、こういったものをいくつかの引っ越し業者が買い取るサービスをしており、大変な人気を呼んでいます。大型収納家具からブランド品、あるいは大きなテーブルや応接セットといったものまで、転居によって出る不用品と言えば、多種多様です。買い取ってほしい品物がたくさんある時は、買取サービスを重点的に行っている業者を選ぶのが賢明です。なぜならそういうところは、専門の買取業者顔負けの査定をしてくれることもありますし、様々な種類の品物を受け付けてくれますから、それだけでも大変便利なのです。子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたが新築のマンションを買ったので、住まいを移すことにしたのでした。その引っ越しの日の作業中、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、結局、そのまま運んでもらいましたら、大した値段ではなかったのですが、追加料金が発生してしまいました。見積もりを出してもらった段階でどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です